コロナ感染症対策

整体観念

整体とカイロプラクティックはどう違うのですか?同じではないのですか?

この質問に対してはもう20年程前からそうですが、私は整体を学んでいなくて分かりません。

ですから、『整体療法』ではなく、私がカイロプラクターとして学んできた『整体観念』についてのお話をしようと思います。

カイロプラクティックと整体観念

おばる

ここからはおばるが大切にしているカイロプラクティックの哲学と整体観念についてお話します。

カイロプラクティックは人の身体に内在する素晴らしい能力に着目しました。

この能力を『イネイト(先天性)・インテリジェンス(知能)』と呼んでいます。言い換えると生命力とも言えます。
この、内在する叡智によって自然治癒力や環境への適応力などを得られています。

そして自然(大宇宙)から生まれた人間(生物)は、その力で健康と生命を維持しています。

おばる

ザックリと書きましたが、
『なぜ人は治るのか?』といった創始者の疑問が根底にあるんです。
それを現代医学とは違う観点で追及していったそうです。

この考えを基に、神経の通り道である脊椎(背骨)に着目しました。

イネイトインテリジェンス(生命力)は脳を介し、脊髄、脊髄神経から抹消の神経を経由してすべての器官、組織、60兆個あると言われる細胞へと流れていきます。

脊椎動物にとって『脳』と『脊髄』はとても大切であり、頭蓋骨と脊椎(背骨)によって保護されています。

おばる

つまりカイロプラクティックでは、生命力がスムーズに全身に循環するように脊椎の調整をしているんですね。
そして、脳を小宇宙とも例えたりします。脳ってすごいですよね。

東洋医学のお話

西洋医学と対極にあると言われる東洋医学。4大文明の一つである中国文明で発展した中国医学を指しますが、古代インドのヒンドゥー医学(アーユルヴェーダ)も含まれます。

日本人になじみが深い東洋医学は漢方薬・鍼・灸・按摩などの中国医学でしょう。

原理原則は紀元前1000年頃にはまとめられていたというのですから凄い歴史です。

東洋医学では、『人と自然界(宇宙)』には密接な関係があり、人間は自然環境の変化に大きく影響を受け、その変化に応じて人間は行動を変化させていることから、『人と自然は影響しあう統一体である(統一観念)』という考え方を導き出しました。

おばる

人体を自然(宇宙)になぞらえる事で、四季の移り変わりや自然界の変化は五臓六腑や気・血と言ったものに影響を与えている。
という事を論理的・哲学的に説明されています。

おばるカイロが持つ整体観念

カイロプラクティックでも東洋医学でも重要視しているのは『人に内在する叡智と自然の力』です。

人は間違いなく自然の一部であって、共生しています。
この大前提を蔑ろにし、ヒトの身体を単純な構造物として捉えると大きな間違いを招いてしまいます。今までのお話を基に大自然を尊重し、人の健康を維持するサポートをする。

おばる

これが私の整体観念です。

相談フォーム